前向き

アラキドン酸とは

アラキドン酸は、必須脂肪酸のひとつです。
アラキドン酸は、牛・豚・鶏のレバーや卵、青魚やわかめなどに含まれています。
また、ひまわり油やごま油などの油を摂取すると、合成されます。

アラキドン酸は、不飽和脂肪酸のひとつでもあります。
不飽和脂肪酸は不足すると体の成長が滞ってしまったり、肌の健康状態が維持できなくなるといった症状が考えられます。
逆に過剰摂取になると、肥満やアレルギー症状がひどくなるなどのリスクが出てくると考えられます。

アラキドン酸は、赤ちゃんの体や脳の発達のために必要だといわれています。
また、アラキドン酸は記憶力の向上や、精神面での安定の効果が期待できます。
一般的にアラキドン酸は不足する心配はそれほどないとされていますが、アラキドン酸はレバーや卵、魚類からの摂取や、油からの合成により摂取されるため、そうした食材を口にしない場合や、栄養バランスの整っていない体に負担のかかるダイエットをしている場合などに不足する可能性があります。
アラキドン酸は、人に必要だという面と、摂り過ぎてはいけないという面があり、サプリメントなどを使用する際には日頃の食生活を見直し、用法や用量を守る必要があります