前向き

食生活の見直しとアラキドン酸

十代、二十代の時のように新陳代謝が良くなくなってくるに従い、食生活も見直されるようになります。

アラキドン酸は現在の食生活の中ではずいぶんと色々な食材に含まれるようになりました。
アラキドン酸は、油を使用した食品を摂取すると体内で合成されます。
ですから揚げ物などを食べることでも、アラキドン酸を摂取したことになります。

そのため現在の食生活の中では、アラキドン酸はあまり不足する心配はないと言われています。
アラキドン酸は、カロリーなどに気をつける際に避けるべき食材に含まれていることが多い成分でもあります。
そのあたりの調整は、体質や食生活により大きく差がでるところではあります。

一方でアラキドン酸は、記憶力や思考能力を向上させる効果があるとされています。
年齢を重ねる過程で感じる記憶力の低下などを防げる効果が期待できます。
食が細く卵やレバーをあまり摂取しないといったアラキドン酸が不足している心配がある場合は青魚を食べたり、サプリメントhttp://www.alhospitality.org/yuuukouseibunn.htmlを使うなど健康管理の上で無理のない範囲で、体に負担をかけずに摂取すると良いかも知れません。