前向き

アラキドン酸で前向きに

精神面、心の健康というと、漠然としていますが、気分が前向きになっていかずに行動範囲が狭まった、あまりあちこちへ出かけなくなったという状態のままというケースもあり得ます。
アラキドン酸には、記憶力を向上させる他にも、精神面でのサポートをしてくれる作用があるとされています。
何かをやっても、あまり集中できないという時や、気分が明るくならないという原因はいろいろと考えられますし、それぞれの原因やその人の性格やライフスタイルにもより、解決法は異なります。
しかし、そうした一因として、アラキドン酸が不足しているという可能性もあります。

アラキドン酸は肉類や魚介類など多くの食品に含まれ、ひまわり油やごま油などの摂取により体内で合成もされます
あまりアラキドン酸が不足しているということはないと言われますが、そうした食品を好まない、ダイエットやカロリー調整、体質的にも摂取していないといった場合には、不足の可能性も考えられます。
アラキドン酸は、過剰摂取ではアレルギー症状が出ることも考えられ、注意が必要ですが、精神面の健康を維持、向上させる役割を担っています。
普段の食生活や体調、精神面などから、過不足なくアラキドン酸を摂っていけると良いのではないでしょうか。