前向き

母乳にもアラキドン酸

アラキドン酸は、妊娠中から赤ちゃんの発育のためにお母さんが摂取した方が良いとされているもののひとつです。
ただし、お母さんが毎日の食生活でアラキドン酸を十分に摂取しているようであれば、それ以上の摂取は過剰摂取となってしまうので、摂れば摂るだけ効果がでる、というものではない点を覚えておいた方が良いといえます。
アラキドン酸は、赤ちゃんにとって精神、体の両方においての成長に必要とされています。

赤ちゃんが離乳食が始まるまでの間、栄養成分として摂取し続ける母乳にも、アラキドン酸は含まれており、赤ちゃんは母乳からアラキドン酸を摂取しています。
以前からDHAは赤ちゃんの成長に必要といわれ、DHAの配合されたミルクが発売されていましたが、アラキドン酸も摂った方が良い、という考え方から、アラキドン酸も配合されているミルクが出るようになりました。
赤ちゃんは母乳経由でアラキドン酸を摂っていますし、ミルクでもアラキドン酸配合のものから摂ることができます。
尚、赤ちゃんはミルクや母乳のさまざまな成分により、アレルギー症状が出る可能性もありますので、赤ちゃんの様子を見てあげることも大切です。